人力舎、鬼ヶ島の和田によるブログみたいなやつ。


by deniro0817

ひらい

朝、今野さんからメールが来た.
「また携帯小説書いてよ、楽しみに待ってるわ~!!」。
以前もこんな軽い感じで
「浅沼(旧メンバー)との恋愛小説を書いてよ!!」
と頼まれ短編小説を書いた事があり、
何故かそれの評判が結構よく、
今日はその第二段って訳だ。
まぁゆってもホモ小説だから、
書いてて気分良くは無いけど、
今野さんが「和田は文才があるなぁ」
と褒めてくれるので、つい乗せられまた書いてしまった。
軽い気持ちで書き始めたらついつい凝ってしまい、
「昼間から何を書いてるんだ俺は!?」
と思いながらも気が付いたら4時間も費やしてしまった。。。
何をしてるんだ俺は!!
ただ、せっかくなんで全文は無理でも、あらすじだけでも載せようと思います。

『アンナと性春。』
しがないサラリーマンの和田は、同じ会社の受け付け嬢をしている彼女に、プロポーズをしようか迷っている。
もちろん彼女の事は大好きだが。。。
前々から、同じ会社の平井部長(友情出演 三福星の平井さん)の大学時代ボクシング部で鍛えたという、たくましい身体が気になってしかたがない。
それはやがて、興味から恋に変わっていて、
とうとう酒の勢いも伴って一線を越えてしまう。。。
そして迎えた朝。
これからの会社での事。彼女への罪悪感。平井部長の家族への罪悪感。
重い沈黙。
二つの喉仏をコーヒーが通り過ぎる音だけが響き渡る。
そしてまた二人は何かを捨てる様に、
いや、何かを見つける様に激しく。。。

これ以上はブログには書けないんで、見たい人は言って下さい!!
何かしらの形で見せたいと思います。
あっ、ちなみにこんな文章書いてますけどバイではありませんから。

何てブログ書いてるんだ俺は!!
[PR]
by deniro0817 | 2008-02-11 22:37