人力舎、鬼ヶ島の和田によるブログみたいなやつ。


by deniro0817

~僕らの『アンナと名作』シリーズ~

『3匹の子豚 4』

母親の使い古したバックから

銀行の通帳を取りだす。

残高は300万円。

19歳の頃から毎月

少しづつ貯金してきたものだ。

趣味も無く

友人のいなかった私にとって

唯一の趣味が貯金で

唯一の信じられるものがお金だった。


通帳の中の数字が増えていく度に

真面目に生きてる事を

褒められているような気になった。


現在から過去へと

通帳をゆっくりとめくる。

決して高くない給料の割りには

頑張って来たな

と自分でも思う。

半年前まで遡ると

豚絵の口座に100万円を振り込んでいる。

これは豚絵が友達とお店を出すのに

どうしても足りないという事で

お店が軌道に乗るまでという条件で

貸したものだ。

さらに1年前の50万円は

彼氏の家を急に追い出された豚子の

引っ越し資金として。

その半年前の100万は

豚子のダンスの学校の

入学資金として。

その他の細かいお金は

もう理由も忘れてしまった。

本人達も覚えてはいないだろう。


狼はまだ席に帰ってくる気配は無い。

妙に仲の良い老夫婦が

お会計を済ませ出て行く。

そのあとを追うように

遠くから見ただけでも

幸せだと分かる家族も

店を出て行った。

窓越しに駐車場でもはしゃいでいる

子供が見える。

広い店内で私だけになった。


3年前から使っている携帯を取り出す。

1年前から充電がすぐに切れるようになったが

特に困りはしないので

そのまま使っているものだ。

携帯を見ながら

最後に豚子と話した会話を思い出してみる。



バックからプリペイド携帯を取り出し

ボロボロの携帯から豚子の番号を探し

掛けてみる。

「もしもし~?誰~??」

少し酔った豚子の声の後ろから

カラオケの音と

はしゃいだ声が聞こえる。

無言で電話を切り

電源を切る。


決心が固まったと同時に

狼がテーブルに帰ってきた。
[PR]
by deniro0817 | 2009-02-15 22:54 | 小説